ホーム » 事業紹介 » 英語学習ツール「サイバードリーム」

事業紹介 英語学習ツール「サイバードリーム」

不可能を可能にした画期的な英語学習ツール

英語学習ツール「サイバードリーム」

ネイティブスピーカーの英語を常に聞いて話せる環境。
毎日、英語をレッスンすることができる継続性。
幼稚園・保育園では物理的、経済的に困難とされたこれらの要素を「サイバードリーム」は実現しました。
子ども達が無理なく楽しみながら英語の力を身につけていく英語教育システムです。
  • サイバードリームの特徴
  • サイバードリームQ&A

設置は簡単!

サイバードリーム本体とモニター(テレビ)を接続するだけ!
専用のレッスンシートのバーコードを読み取ることで瞬時に映像と音声が飛び出します。
コンテンツの読み出しや操作に時間がかかることは全くありません。
毎日、5分〜10分のレッスンで効率よく英語が身につきます。

英語の専門的な知識がなくても、日本人のクラス担任が保育を行えます。

サイバードリームのネイティブな発音によって、まるで外国人講師がそばにいるかのような環境を再現。
担任の先生は日常の保育と同様、日本語の言葉がけで保育を行うことができます。
もちろんCDやDVDの教材と違い、ただ音や映像を視聴するだけの教材ではありません。
サイバードリームを操作することで子どもの様子をみながら興味、関心を引き出し、一緒に身体を使ったり、歌ったりして楽しむことが担任の先生の役割です。

毎月楽しめる多彩な収録内容

レッスンシートには動物、果物、国、乗り物、家族、おもちゃなど、毎月変わるトピックスに合わせて単語や会話、歌など(単語数にして約500語)を収録しています。
1枚のレッスンシートは@Topics(単語)、ABasic(アルファベット、数字、色)、BConversation(会話)、CSong(歌)の4つのセクションで構成されています。

最先端テクノロジーを使い、コンパクトながら機能も充実!

すべてのコンテンツをレッスンシート(全10枚)に収録。毎月たった1枚のシートで全てのレッスンが行えます。TopicsやBasicでは音、シルエット、スペルなどを使ったクイズ機能やお楽しみ映像が満載。Conversationでは6人の外国人講師を自由に選択。Songでは1曲を短く分けてのフレーズレッスンやピアノ伴奏、カラオケ再生など、レベルに合わせたレッスンが可能です。
レッスンシートのレイアウトは基本的に同じなので、操作方法も簡単にマスターできます。

常に改善、進歩を続けるシステム!

サイバードリームは一度導入したら内容はそのままという訳ではありません。
2007年の発売以降、導入園からの機能の改善、追加の希望を受けて無料のヴァージョンアップを行っています。
また、新しいコンテンツがリリースされた場合、オプションで追加することができます(有料)。
機能性向上のための無料ヴァージョンアップと有料コンテンツのリリースで、サイバードリームはますます進化していきます。
  • サイバードリームの特徴
  • サイバードリームQ&A

英語教育やサイバードリームについてとくに多い疑問・質問にお答えします。

年少・年中・年長も全て同じレッスンシートを使うのですか?
幼稚園での英語の導入形態は週1回・毎日・年長児のみ・全学年などさまざまです。どのような園でも導入していただけるよう、1枚のレッスンシートに全てのコンテンツをまとめています。たとえば歌の場合、年少クラスは伴奏なしのスローテンポ、年中クラスは唄入りのピアノ伴奏、年長クラスは唄なしのカラオケバージョンといったように、シート内で到達目標を自由に設定していただけます。
派遣の外国人講師による英語教育を取り入れてきましたが、その場限りの保育になってしまって、子どもに英語が身についているように思えないのですが…
サイバードリームなら毎日の短時間のレッスンの積み重ねで、楽しみながら自然に英語を覚えていきます。おうちに帰ってから歌を歌ったり、外国人講師に自分から英語で言葉をかけたりしてくれるようになったという喜びの声も届いています。
サイバードリームは、外国人講師の代わりに利用するの?
現在の導入園のうち、約半数の園では従来どおり外国人講師が指導を行っています。その場合、単語、会話、歌などを講師が一から教えるのではなく、担任の先生とサイバードリームを使って覚えた英語を活かして、より効果的な「つみ重ね」が感じられる指導に時間を使うことができます。外国人講師のレッスンと合わせて活用することで相乗効果が高まります。
全クラスに導入したほうがいいのですか?
「いつでも、すぐに」がサイバードリームのコンセプトです。忙しいカリキュラムの中で毎日5分〜10分のレッスンを効率的に行っていただくために、各クラスへの設置をお勧めしています。たとえば同じ3台導入の場合、各学年に1台ずつよりも年長3クラスに1台ずつの設置をお勧めしています。もちろん、1台での導入も可能です。お支払いは一括払いのほか、リース契約もありますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。
保護者にサイバードリームでの教育内容を伝えるお手紙等はありますか?
毎月の保育内容を伝えるレッスン便りをお渡ししております。また、開発者のウィットレッド・ブルース氏はマジックとストリートパフォーマンスのパフォーマーでもありますので、導入前後に園児向けパフォーマンスを行ったり、保護者向けの講演会などの講師としてお招きいただくこともできます。ブルース氏のパフォーマンスは大変好評をいただいています。

サイバードリームのお問い合わせはこちら