ホーム » 図書紹介 » ピアジェ理論からみた幼児の発達

図書紹介

ピアジェ理論からみた幼児の発達

ピアジェ理論からみた幼児の発達
【本の内容】
まえがき
T新しい児童心理学―ピアジェ理論への手引き
U幼児の知的発達と教育―ピアジェ理論の実践
V日本の幼稚園におけるピアジェ理論の実践
文献
ピアジェの主要著作
滝沢武久 著
ISBN 978-4-903995-01-4
1,028円(税込)

Amazonで購入する

第二刷改訂版。幼児教育の基礎となるべき思考の発達に関するピアジェ理論の特徴について、旧版の「認知発達の理論」の箇所を全面的に書き改めました。また、ピアジェ理論に基づく幼児教育を推進してきた日本幼年教育会の活動と、その活動の過程で開発されたピアジェ教材の特色、ならびにその指導のあり方についての説明を、最終章として新たに追加しました。
ピアジェ理論理解の第一歩として幼児教育にたずさわる先生方にぜひお読みいただきたい本です。

著者について

東京大学教育心理学科卒業。新潟大学講師、電気通信大学教授、大妻女子大学教授を経て、電気通信大学名誉教授、公益社団法人日本幼年教育会理事長、めざましあそび研究会会長等を歴任。

2010年瑞宝中綬章。2015年没。